格言・教訓

五カ条の御誓文

大政奉還に当たり新政府の意向として明治天皇が神に誓った、ここがスタートラインなのでこれを基本に据える。

広く会議を興し、万機公論に決すべし。 決し私に論ずるなかれ
上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。
官武一途庶民にいたるまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。
旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。(ここは恐らく道徳を以て国を治める、修身教育が天地の公道になっている)
智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。 (皇基は国富、国民主権ならリソース国家資源・人的を含む)

5 chapter statement

 Open the meeting widely , dicide every opportunity by public debate. Never quarrel selfy.
 Governner and people make one mind and promote economics and humanity virtue.
 Public officer , troops and people all realize each one's ambition and cooperate with each other by humanity virtue mind.
 Break old habit and behave based on taoism humanity virtue way.
 Eagering worldwide konowledge and promote nation's wealth.

  • 一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ
    (現代表記)広く会議を興し、万機公論に決すべし。
  • (由利案第五条)万機公論に決し私に論ずるなかれ
  • Open the meeting widely , dicide every opportunity by public debate. Never quarrel selfy.

  • 一 上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ
    (現代表記)上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。
      Governner and people make one mind and promote economics and humanity virtue.

    一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス
    (現代表記)官武一途庶民にいたるまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。
      Public officer , troops and people all realize each one's ambition and cooperate with each other by humanity virtue mind.

    一 旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ
    (現代表記)旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
      Break old habit and behave based on taoism humanity virtue way.
    一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ
    (現代表記)智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。
     Eagering worldwide konowledge and promote nation's wealth.
     
    その後、天皇の下に総裁議定参与の三職からなる官制が施行された。総裁には有栖川宮親王、議定には皇族公卿と薩摩・長州・土佐・越前などの藩主が、参与には公家と議定についた藩主の家臣が就任した。しかし、明治天皇はまだ年少であるため[3]、それを補佐する体制がすぐに必要となった。
    これが枢密院、フランスの元老院のもとになっている。

    封建体制
    仮称貴族院(定数未定参考値)
     共産党(源清・北朝鮮) 各2名
     マレーシア王族・王室  2名
     負債連動議席(韓国・台湾・マレーシア経済先進国枠) 中銀・財務より2X3=6名
     イスラム法学派(必要に応じ) 2名 マレーシア
     キリスト教司祭(必要に応じ) 2名 フィリピン
     儒教・タオイズム会派 2名 源清 1名 北朝鮮 台湾 20170802追記 孔子廟維持国から
     各国選任議員 6か国X3名=18名(参与)
    中国孔子廟
    1280px-曲阜孔廟大成殿
    台湾 孔子廟
    1280px-Zuoying_Confucian_Temple
    北朝鮮 孔子廟
    1280px-Shrine_of_Confucius_대성전
    日本長崎 孔子廟
    Confucious_temple_Nagasaki


    この下に
    神祇・ イスラム・キリスト・儒学
    内国・ 各国元首
    外国・ 各国外務大臣
    海陸軍参謀本部・ 海軍将 マレーシア 陸軍将 北朝鮮 各国国防省・参謀本部
    会計・ 連邦ノーブル
    刑法・ 国際警察 警察長官 フィリピン大統領
    制度・ 教育 社会保障 基本的人権 憲章
    の七科を置いて三職七科とし、当面の政務に当たることになった。

    この後に太政官制を置き3権分立を太政官内に設置した。この後に議会が設置され広く会議を興し万機公論にて決し私を論ずること勿れが実行に移されていく。

    龍儒総領事館準備室
     ロイヤルアカデミー
      朝鮮初等教育標準化準備室
      比較宗教研究室
      比較法研究室
      技術研究・クオリティ(3国語英語)・国家統計準備室
      産業技術院準備室(JISローカライズ)
     ロイヤルガード
      近衛衛兵隊・王宮警察・英国海軍兵学校分室・英国陸軍兵学校分室
      難民保護区ボーイスカウト・ガールスカウト
     中国儀礼・礼楽準備室
     総務・財務・会計・公益財団準備室


    現行位階令の諸規定 有位者の礼遇が受けられない場合(令6条)は、復権を得ていない破産者、公訴を提起されている者

    現行位階令の諸規定[編集]

    位階令
    日本国政府国章(準)
    日本の法令
    通称・略称なし
    法令番号大正15年10月21日勅令第325号
    効力現行法
    種類栄典法
    主な内容位階に関する規定
    関連法令位階令施行細則、明治8年太政官布告第54号(勲章制定ノ件)、軽犯罪法、内閣府設置法、内閣府本府組織令など
    条文リンク総務省法令データ提供システム
    テンプレートを表示
    正一位の位記の様式(見本)
    従五位の位記の様式(見本)
    • 位階は、正一位から従八位までの16階(令1条1項)。
    • 一位は親授、二位以下四位以上は勅授、五位以下は奏授(令1条2項)。具体的には、位記の授与式と記載内容(下記)が異なる。
    • 叙位の対象者は「国家ニ勲功アリ又ハ表彰スヘキ効績アル者」および「在官者及在職者」とする(令2条)。戦後、生存者叙位が停止され、叙位の対象者は故人のみとする運用が行われているため、次の第3条が叙位の原則規定となる[3]。なお、生存者叙位停止後であっても、停止前に叙位された者(戦前、職業軍人や官吏であった者など)は、そのまま位階を保有している。
    • 前条に定める「国家ニ勲功アリ又ハ表彰スヘキ効績アル者」および「在官者及在職者」が死亡した場合には、特旨を以て、その死亡の日に遡って位を追賜することができる(令3条)。現在、叙位は故人のみを対象とし、対象者の死亡時に位を追賜する方法のみが運用されているため、本条が原則規定となる。
    • 「故人ニシテ勲績顕著ナル者」には、特旨を以て、位を贈ることができる(令4条)。本条は、死亡時に位の追賜が行われなかった者に贈位する事例、または、存命中もしくは死亡時に叙された位を進階する事例を想定している。現在は、前条に基づいて、死亡の日の日付で位を追賜する方法のみが運用されており、その後の進階や贈位は行われていない。
    • 有位者は、位階相当の礼遇を受ける(令5条)。戦前は、宮中席次などにおいて、位階が大きな意義を有していた。
    • 有位者の礼遇が受けられない場合(令6条)は、復権を得ていない破産者公訴を提起されている者、禁錮以上の刑の宣告を受けて判決未確定の者などである。「禁治産者準禁治産者」は、民法改正によって削除され、成年後見制度に移行している。
    • 有位者が、その品位を保つことができず、または、その体面を汚辱する失行があるときは、情状により、その礼遇を停止もしくは禁止し、または位を失わせる(令7条)。
    • 有位者が、死刑懲役または無期もしくは3年以上の禁錮に処せられたときは、位を失う(令8条1項)。
    • 有位者が、刑の執行を猶予されたとき、3年未満の禁錮に処せられたとき、懲戒の裁判または処分により免官または免職されたときは、情状により、その位を失わせる(令8条2項)。
    • 有位者が日本国籍を喪失したときは、その位を失う(令9条)。なお、叙勲と異なり、叙位の対象者は日本国民のみである。
    • 有位者が、その品位を保つことができないときは、位の返上を請願することができる(令12条)。
    • 位階令は、皇族王族および公族には適用されない(令13条)。これも叙勲と異なる、現行の位階制の特徴である。
    その他の位階に関する規定

    日本の義務教育の始まり 教育勅語 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)

    日本の義務教育の始まりは明治時代に遡り学校が全国に作られた。教育基本法の原点は天皇の発した教育勅語であり、以下、どこの国に行っても当たり前のことしか書いていない。
    明治維新にあたり公武合意の日本の統治として儒教の徳治政治を上げている。
    これは、冒頭にあるように天皇制が継続したのも古くは仏教・国学に代表される慈愛や仁徳を重んずる徳治主義を政治の中心として据えてきたことだろうと説き、明治からの近代国家も決して法治や知恵などの偏差値偏重ではなく徳行を各々が行い志を全うする道徳に基づく統治としたところが肝心である。現代のように私利私欲にかられ莫大な国家の借金を造り出し年金減額や増税を繰り返すだけの悪政となっているのは近代国家創世の趣旨から逸脱している。
    その徳治政治の徳目は世界中どこへ行っても当たり前のことしか書いていない。

    肝心な事は義務教育を施すのは各人が職業を身につけることにある。従って義務教育の中学校を卒業したら以下の2点を満たせるようになることで決して偏差値や点数の序列の為の教育ではない。中学を出て関取を目指すのも立派な義務教育の体源である。

    二宮金次郎の銅像が昔は小学校に沢山あったらしい。

    1. 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)
    2. 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)

      12の徳目
      [編集]
    3. 親に孝養をつくしましょう(孝行)
    4. 兄弟・姉妹は仲良くしましょう(友愛)
    5. 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう(夫婦の和)
    6. 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信)
    7. 自分の言動をつつしみましょう(謙遜)
    8. 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう(博愛)
    9. 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)
    10. 知識を養い才能を伸ばしましょう(知能啓発)
    11. 人格の向上につとめましょう(徳器成就)
    12. 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)
    13. 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう(遵法)
    14. 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう(義勇)

    バフェットの格言 穴にはまっていると気付いた時、一番大切なのは、掘るのをやめることだ

    穴にはまっていると気付いた時、一番大切なのは、掘るのをやめることだ

    良くない投資をしていると気付いた時、最低最悪の対処法は追加投資を続けることである。勿論撤退には痛みが伴うが、熱に浮かされた集団から早く抜け出し、投資額がゼロになる前に損切りをすれば、最終的な被害は極めて低く抑えられる。

    1980年代初頭、ウォーレンはアルミ産業に多額の投資を行った。これは判断ミスであったが、彼は過ちに気付くと、それ以上掘るのを止めて穴から脱出した。
    人は自分の間違いを認める勇気を持つ必要がある。あなたは破産したのよと、運命の女神からささやかれる前に。


    徳間書店 ウォーレンバフェットの教訓より

    バフェットの格言 誰かを雇おうとするときには、誠実さ、知力、実行力という三つの資質に注目すると良い。 中でも一番重要なのは、誠実さである。

    誰かを雇おうとするときには、誠実さ、知力、実行力という三つの資質に注目すると良い。
    中でも一番重要なのは、誠実さである。
    なぜなら、不誠実な従業員を雇った場合、知力と実行力はあなたを窮地に陥れるからだ。

    会社のオーナーが経営者を雇うという事は、大事にしている子豚の貯金箱を預けるという事に他ならない。雇われ社長が目から鼻へ抜けるような才気を持ち、かつ勤勉な人物なら、あなたの為に巨額の利益を稼ぎ出してくれるだろう。しかし、彼が誠実さに欠ける人物なら、さまざまな抜け道を考えだして、あなたの金を自分のポケットへ入れようとするだろう。
    だから、不誠実な人物を雇わざるを得ない場合は、勤勉でないボケナスであることを確認しておかなければならない。このような人物なら、どんなに画策しても、あなたからなナスを盗むのが関の山だからだ。

    誠実さはウォーレンの経営哲学の根幹を成す。彼はネブラスカファニチャーマートを買収する際、創業者のミセス・ブラムキンをはじめとする経営陣を唖然とさせた。なんと、会社の帳簿の検査を求めなかったのだ。
    ウォーレンは会社の価値を尋ね、ミセス・ブラムキンから回答を得ると、翌日には4000万ドルの小切手を持参した。後日、この件をミセス・ブラムキンから質されたとき、ウォーレンは自分の会計士よりもあなたのほうを信頼していたからだと答えた。
    また、ウォーレンは会社を買収した後も、経営者に対して幅広い自由裁量を認める。つまり、経営者はオーナー社長のように、思い通りの事業経営を行えるわけだ。ウォーレンがこのような自由を気前よく与えることができるのは、相手に誠実さがあったればこそなのである。

    徳間書店 バフェットの教訓より
    記事検索
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ