漢文

兵の起こる所の者五有り

呉氏が言った。凡そ戦争のおこる状況には五つのものがある。続きを読む

将は国の輔

将軍は国家の補佐であります。補佐が君主とぴったり一体化していれば国家は必ず強く、補佐が君主と一体化していなければ国家は必ず弱いものです。続きを読む

ROUSI Chinese philosophy


2  Unman-made natural way is the place where makes one's growth.
7 Cover the knowledge. 
8 Water calacteristics depending on the circumstans is like the best virtue.
9 Moving to safety.
10 Nothing to do.
19 Back to simplicity.
23 Self-empty fits humanity virtue.
24 Merit of modesty and patience.
26 Keep heavy and silent attitude.
28 Back to simple.
29 Doing nothing.
30 Modest the military.
31 Stop the war.
33 Lesson of virtue.
35 Value between two men relationship is humanity virtue.
36 Deepest understandable way for the human but certainly effective to use it.
37 Nothing to do for politics.
39 Ruled by the basis.
40 Eliminate common overbearing action and effect
42 Everything from taoism theory of the universe.
43 Use into whole world.
51 Grow the virtue and merit.
52 Back to origin of everything
53 Evidence of Selfish politics.
54 Observe the circumstances by mastering humanity taoism.
55 Sign of deep inside of taoism humanity virtue.
56 Deep inside virtue of adult.
57 Make pureness wind whole of country.
58 Assimilate to caos.
59 Keeping the virtue.
60 Statused person.
61 Virtue of modesty.
62 Mastering great taoism humanity virtue.
63 Think orgin of things.
64 Protect small sympton carefully.
65 Simple and pure virtue.
66 Stay back of people.
67 Three jewels.
68 Virtue fit to heaven

69 Execution of the virtue named not compete with.
70 Know the difficulty to teach the taoisum way for others in the world.
71 Know the weak point.
72 True lover of oneself.
73 Let it be
74 Control the perplexity
75 Too much take goes harm all.
76 Take care of not too strong.
77 Well balance of nature rule.
78 Correct statement seems against one's wishes rather opposite.
79 Mission putting emphasis on lender standpoint.
80 Indepence
81 Honesty and compete with nobody.



詩経 目次

詩経 目次

陳風(国風)
沢陂 たくひ 詩経
周南(国風)
桃夭 とうよう 詩経
巻耳 けんじ 詩経
関雎 詩経
樛木 詩経
漢広 詩経
小雅・鹿鳴之什
鹿鳴(ろくめい) 詩経
四牡(しぼ) 詩経
常逮(じょうてい) 詩経
伐木(ばつぼく) 詩経
杕杜(ていと) 詩経
魚麗(ぎょろ) 詩経
周頌
臣工 詩経

魚麗(ぎょろ) 詩経

魚 罿に麗る 鱨と鯊と
君子に酒有り 旨く且つ多し

魚 罿に麗る 魴と鱧と
君子に酒有り 多く且つ旨し

魚 罿に麗る 鰋と鯉と
君子に酒有り 旨く且つ有し

物其れ多く 其れ嘉し

物其れ多く 其れ偕し

物其れ多く 其れ嘉し

魚が罿(あみ)にかかる、鱨(シャジ)と鯊(ハゼ)と。祖霊のお神酒は旨くて多いと。
魚が罿(あみ)にかかる、魴(オシキウオ)と鱧(ヤツメウナギ)と。祖霊のお神酒は多くて旨い。
魚が罿(あみ)にかかる、鰋(ナマズ)と鯉と。祖霊のお神酒は旨くて多い。
魚の多きは、よろしきことよ。
魚の多きは、よろしきことよ。
魚の多きは、よろしきことよ。

年穀の豊作と一族の繁栄を喜び、祖霊に感謝する詩である。
魚が謡われるのは古くは魚を宗廟に享祀することによって、春には穀物の豊饒を祈願し、秋には穀物の豊饒が感謝されたことによるものであり、それは必ず饗宴を伴うものであった。それは既に述べたごとく繁殖能力の旺盛な魚の呪力が、類感呪術的に大地の豊饒をもたらすとされたものであり、またその呪力が人間に多産をもたらし、一族の更なる繁栄に繋がるものであった。
詩中には直接魚を亨祀することは謡われていないが、その年が豊作に恵まれたことと、一族の繁栄を喜び、感謝する饗宴に於いて謡われた詩である。或はこれを春の農耕予祝儀礼における饗宴の詞とも解し得、その場合は、魚を供することによって、その呪力が穀物の豊作と一族の繁栄をもたらすことを祖霊に祈願する詩と為る。


明治書院 詩経より
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ