Category: 百人一首

崇徳院
原文
瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ
(せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ)
現代訳
川の流れが早いので、岩にせき止められた急流が時にはふたつに分かれても、またひとつになるように、わたし達の間も、(今はたとえ人にせき止められていようとも)後にはきっと結ばれるものと思っています
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

後徳大寺左大臣
原文
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れ
(ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる)
現代訳
ほととぎすの鳴き声が聞こえたので、その方に目をやってみたが、(その姿はもう見えず) 空には有明の月が残っているばかりであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

権中納言定家
原文
来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ
(こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに やくやもしほの みもこがれつつ)
現代訳
どれほど待っても来ない人を待ち焦がれているのは、松帆の浦の夕凪のころに焼かれる藻塩のように、わが身も恋い焦がれて苦しいものだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

陽成院
原文
筑波嶺の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる
(つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる)
現代訳
筑波山の峯から流れてくるみなの川も、(最初は小さなせせらぎほどだが)やがては深い淵をつくるように、私の恋もしだいに積もり、今では淵のように深いものとなってしまった
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ