2017年02月

日本の義務教育の始まり 教育勅語 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)

日本の義務教育の始まりは明治時代に遡り学校が全国に作られた。教育基本法の原点は天皇の発した教育勅語であり、以下、どこの国に行っても当たり前のことしか書いていない。
明治維新にあたり公武合意の日本の統治として儒教の徳治政治を上げている。
これは、冒頭にあるように天皇制が継続したのも古くは仏教・国学に代表される慈愛や仁徳を重んずる徳治主義を政治の中心として据えてきたことだろうと説き、明治からの近代国家も決して法治や知恵などの偏差値偏重ではなく徳行を各々が行い志を全うする道徳に基づく統治としたところが肝心である。現代のように私利私欲にかられ莫大な国家の借金を造り出し年金減額や増税を繰り返すだけの悪政となっているのは近代国家創世の趣旨から逸脱している。
その徳治政治の徳目は世界中どこへ行っても当たり前のことしか書いていない。

肝心な事は義務教育を施すのは各人が職業を身につけることにある。従って義務教育の中学校を卒業したら以下の2点を満たせるようになることで決して偏差値や点数の序列の為の教育ではない。中学を出て関取を目指すのも立派な義務教育の体源である。

二宮金次郎の銅像が昔は小学校に沢山あったらしい。

  1. 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)
  2. 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)

    12の徳目
    [編集]
  3. 親に孝養をつくしましょう(孝行)
  4. 兄弟・姉妹は仲良くしましょう(友愛)
  5. 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう(夫婦の和)
  6. 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信)
  7. 自分の言動をつつしみましょう(謙遜)
  8. 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう(博愛)
  9. 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)
  10. 知識を養い才能を伸ばしましょう(知能啓発)
  11. 人格の向上につとめましょう(徳器成就)
  12. 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)
  13. 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう(遵法)
  14. 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう(義勇)

バフェットの格言 穴にはまっていると気付いた時、一番大切なのは、掘るのをやめることだ

穴にはまっていると気付いた時、一番大切なのは、掘るのをやめることだ

良くない投資をしていると気付いた時、最低最悪の対処法は追加投資を続けることである。勿論撤退には痛みが伴うが、熱に浮かされた集団から早く抜け出し、投資額がゼロになる前に損切りをすれば、最終的な被害は極めて低く抑えられる。

1980年代初頭、ウォーレンはアルミ産業に多額の投資を行った。これは判断ミスであったが、彼は過ちに気付くと、それ以上掘るのを止めて穴から脱出した。
人は自分の間違いを認める勇気を持つ必要がある。あなたは破産したのよと、運命の女神からささやかれる前に。


徳間書店 ウォーレンバフェットの教訓より

バフェットの格言 誰かを雇おうとするときには、誠実さ、知力、実行力という三つの資質に注目すると良い。 中でも一番重要なのは、誠実さである。

誰かを雇おうとするときには、誠実さ、知力、実行力という三つの資質に注目すると良い。
中でも一番重要なのは、誠実さである。
なぜなら、不誠実な従業員を雇った場合、知力と実行力はあなたを窮地に陥れるからだ。

会社のオーナーが経営者を雇うという事は、大事にしている子豚の貯金箱を預けるという事に他ならない。雇われ社長が目から鼻へ抜けるような才気を持ち、かつ勤勉な人物なら、あなたの為に巨額の利益を稼ぎ出してくれるだろう。しかし、彼が誠実さに欠ける人物なら、さまざまな抜け道を考えだして、あなたの金を自分のポケットへ入れようとするだろう。
だから、不誠実な人物を雇わざるを得ない場合は、勤勉でないボケナスであることを確認しておかなければならない。このような人物なら、どんなに画策しても、あなたからなナスを盗むのが関の山だからだ。

誠実さはウォーレンの経営哲学の根幹を成す。彼はネブラスカファニチャーマートを買収する際、創業者のミセス・ブラムキンをはじめとする経営陣を唖然とさせた。なんと、会社の帳簿の検査を求めなかったのだ。
ウォーレンは会社の価値を尋ね、ミセス・ブラムキンから回答を得ると、翌日には4000万ドルの小切手を持参した。後日、この件をミセス・ブラムキンから質されたとき、ウォーレンは自分の会計士よりもあなたのほうを信頼していたからだと答えた。
また、ウォーレンは会社を買収した後も、経営者に対して幅広い自由裁量を認める。つまり、経営者はオーナー社長のように、思い通りの事業経営を行えるわけだ。ウォーレンがこのような自由を気前よく与えることができるのは、相手に誠実さがあったればこそなのである。

徳間書店 バフェットの教訓より

中華民国憲法はよくできた構成になっている。

台湾政府の構成は非常によくできたこうせいになっている。
これに儒官を総統府に置くような形にするのが良いのかもしれない。

司法は日本も見習って専門部隊に分けたほうが良さそうである。

考試院というのは中国の科挙のことなのかな、朝鮮王朝もこのやり方だったな。日本では人事院なのかな、日本は試験に受かっても省庁別に面接をして選抜するのかな。

李氏朝鮮も高麗王国も中国からは王として認められていないんだな。権知高麗国事と権知朝鮮国事か王では無かったんだな。諸侯の下の大夫位の扱いか又家来位なのか、役人だけど軍は持っていたのかな。
ああ、そうか、それで李氏朝鮮は軍人武官が並ぶ絵が残されていなくて文官だけの布陣になっているんだ。
明から清に代わって奴隷だな。大韓帝国になってからは中国からロシアに鞍替えしようとして日本に併合され始めたんだな。どっちにしても日露戦争は日本の勝利に終わったから素直に従ってロシアにすり寄らなければ大韓帝国の李氏皇帝のままだったのかな。韓国は帝じゃなくて宗なのかな。ま、当時日本がロシアに勝つとは誰も思わなかっただろうけどね。
韓国人の悪い所なんだけどころころころころその時々の勢力に着こうとしながら全ての信頼を失って孤立するというのは未だに代わらないな。統一朝鮮にするならそこから動かないことだ。
都も高麗の開京と朝鮮の京城と二つあるんだな。仏教弾圧をしたりしていたからやっぱり儒教以外に善悪の区別を説く教えが無いんだろうな。朱子学が盛んとあるが朱子学って武官の系統ではないのかねと思ってしまう。あ、あれは韓非子か。
開京のケソン工業団地にはちゃんと儒学所跡が残っているんだな、不思議と。北朝鮮の主体思想とかいうのもマルクスの翻訳とあるが人民主体国家と国民主権は同意であるから、ここは日本・台湾・韓国と文言的には同一と考えられるな。
マルクスから儒教に善悪の基準を移しても問題はないのだろうが憲法典内に人権の概念を取り入れる事なのだろうか。軍事は一生懸命だが身分制の要素が少し強すぎるのかもしれないし、社会主義にしては経済の5か年計画も行っていない。社会主義は本家ロシアは崩壊したし中国も資本主義とのハイブリットを模索している。
ロシアのプロレタリアート文化から発症した共産主義だったが社会保障はそっちのけで詐欺師スターリンの農奴政策の元、欺瞞に満ちたプロレタリアート救済措置が行われ騙された民衆や国々は皆共産主義を捨ててしまっている。
北朝鮮も修正が必要だし、南北朝鮮統一の意思が双方の国民にあるならこの道を模索したほうがそろそろ良さそうである。

Organizational_Structure_of_ROC_Central_Government


龍儒 法体系の重点整備課題

龍儒経済も共産主義は資本主義への転換・あるいは社会資本主義への転換を図っていく。

源清は経済特区の設定があるかもしれないが民法債権・商法は出来る限り西側国際標準に準拠していく。

債権法は共産債券法・国際債券法に分けて制定する。国際法も幾つかに分類できるだろうが日本のフランス型意志主義の民法・債券法を踏襲していただけるとありがたい。

商法も共産商法と国債商法に分けて制定する。半官半民の中国国営企業も会社法は国際標準に合わせていければよい。日本の会社法も国際標準ではないがこちらに合わせてもらえると将来株式市場や債券市場も相互取引が行いやすくなる。

手形・小切手・有価証券法も共産有価証券法と国債有価証券法に分けて制定していく。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ