最初の内、株価を左右するのはファンダメンタルズだが、ある時点を境に、投機が株価を左右するようになる。
古い諺にある通り、
「賢者が最初にやることを愚者は最後にやる」わけだ

賢者はファンダメンタルズの良好さに注目して株を買う為、自然と株価下落にそなえた安全マージンを確保することができる。また、賢者には時間も味方する。将来の収益予想という形で測られるビジネスの根源的長期的価値が、時間の経過とともに不当に低い株価を是正してくれるからだ。
このような環境下で投棄が割って入ってくると、ファンダメンタルズはぽいっと捨て去られ、株価上昇によって買いが買いを呼ぶ状況となる。経験豊かな投資家は、ファンダメンタルズに基づく需要こそが実需である、投機に基づく株の需要が無くなった時ーいつかは必ずなくなるー実需の水準まで株価が下がっていくことを知っている。投機熱が高値を付ければつける程、暴落時の下がり幅が大きくなることも。
もしも、あなたが投機にはまり込んでしまって株価下落後も後生大事に株を抱え込んでいるなら、ぜひとも鏡をのぞき込んでみてほしい。そこに映っているのが愚か者の姿だ。