2015年12月

学問をすれば日に日に世俗的な知識は増えて行くが、逆に道を行えば日に日に世俗的な知識は減少して行く。この世俗的な知識をどんどん減らして行くと、無為の境地に到達することができる。無為の境地に到達すれば、できないことはなくなるのである。天下を治めようとするものは、常に何もしないことを心がける。何かをしようとするに至れば、天下を治めることなどできないのである。

「学を為せば日に益し、道を為せば日に損す」。「学」は、世俗的な学問。儒家の学門志向を批判したものと考えられる。特に儒家の礼学を指すとも考えられる。学問を行えば、日に日に世俗的な知識は増えて行くが、無為自然の道を行えば、日に日に世俗的な知識は減って行く。老子は文明や学門は人間の本来的な生き方を打ち消す、無用な、害毒を流すものとして否定している。
「之を損し又損し、無為に至る」。その「世俗的な知識」をどんどん減らし続けると、無為という状態に到達する。すなわち、道とは逆行する方向性を持つ「世俗的知識」の方向をマイナスの方向にどんどん進めてやれば、最後は根元たる「無為自然」の大道に到達する、ということ。つまり老子は、「世俗的な知識」を道と乖離する人為的、作為的なものと見、それを排除せよと主張しているのである。
「無為にして為さざるなし」。無為の状態に到達すれば、あらゆることができる。我々は何か一つのことを行うと、他のことはできなくなる。逆に何もしていなければ、あらゆることができる可能性を持った状態となる。すなわち、広大無辺な道に合致するので、何もしないという状態でありながら、あらゆることを成し遂げることが可能になってくる、ということ。
「天下を取るは常に無事を以ってす」。「天下を取るは、天下を治める」の意。ここを文字通り「天下を奪取する」の意とし、「老子」の成立年代を戦国末とする根拠にする説もある。「無事」は何もしないこと。無為を旨とすること。天下を治めるには、常識的には為政者が政治を行うという動作が必要に思えるが、そうではなく、人為的な手を加えず、無為自然の道に則って、ひたすら「無為」を旨としていればよいのだ、ということ。
「其の有事に及びては、以って天下を取るに足らず」。したがって、人為的に何か事を行ってしまったならば、自然の道を阻害することになり、天下を治めることなどできなくなるのだ、の意。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

呉子が言った、昔の国家を収めた君主は、必ずまず人民に教育を施して、万民と親しんだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

武侯が質問して言った続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

武侯が質問して言った。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

呉子が言った続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ