孫武が呉王闔盧にまみえると,孫武の兵法家としての名声を聞いていた闔盧は、実際に兵を動かす様子をみたいという。

孫武が承諾すると、闔盧は自分の宮中に仕える美女百八十人を、二隊に分け、自分の寵愛する女性二人を各々の隊長とし、皆に武器を持たせて、兵を訓練させた。孫武は、前を見よと言えば前を見、左を見よと言えば左を見、右を見よと言えば右を見、後ろを見よと言えば後ろを見よ、と教え号令したが、婦人たちは大笑いをするだけで動かない。孫武は、命令が行き届かないのは自分のせいだとして、再度教え、また号令を出したが、今度も動かなかった。

すると孫武は、今度は命令が行き届いたのに、その通りに動かないのは隊長のせいであるとして、王の寵愛する姫二人を殺そうとした。その様子を見て慌てた闔盧が、彼女たちが死んだのでは、自分は食事がのどを通らないと言って助命を頼んだが、将軍は君命でも聞けないことがございます、と言って、二人を殺したので、その後は美女たちは真剣に動き、一糸も乱れず動くようになった。

孫子・呉子  明治書院

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。