リッチになりたいなら、財産を複利でてきようするひつようがある。この時元手は多ければおおいほどよい。
例えば,元手10万ドルを15%の一年複利で運用して行くと,二十年後,総額は163万6653ドルに膨らみ,153万6653ドルの利益がもたらされる。
しかし,何らかの理由で最初に9万ドルを失い,投資の元でとして一万ドルしか用意できなかった場合、二十年後の総額は16万3665ドル、利益は15万3665ドルにとどまる、これは、前の例とは比較にならないほどちいさなすうじといえる。
 つまり、初期段階で金を損すればするほど、将来の穴だの利益獲得能力に、より大きな悪影響が及ぼされてしまうわけだ。ウォーレンはこの点を決して忘れず、自分を戒めるために、億万長者になった後も、長い間旧式のフォルクスワーゲン・ビートルに乗り続けたのである。