きちんと考えがまとまっていないと、頭の中身を文字にはできない。だからこそウォーレンは毎年、株主に当てた長い手紙をしたため、前年度の出来事について説明をおこなっているのだ。この儀式は、どの様にして数十億ドルの収益をあげるか、という方法論を微修正する際、絶大なる効果をはっきしてくれる。あなたがある事柄を文字にする時、あなたはその事柄に関する思考を余儀無くされる。投資先について考えることが良い結果をもたらすとするなら、投資先について書くことは、もっと良い結果をもたらすはずだ。例年、ウォーレンはラグナビーチの海岸沿いの別荘(故ベンジャミン・グレアム邸とは目と鼻の先)で暮れを迎え、年が明けるとすぐにすぐに年次報告書をさくせいしはじめる。紙と万年筆で綴られらた手書きの報告書は、株主の元へ届けられる前に、友人でもありフォーチュン紙の編集主幹でもあるキャロル・ルーミスの元へ送られる。天才も誤字脱字の心配から逃れるには、編集者の手助けが必要なわけだ。