われわれ経営者は公平無私を肝に命ずるべきである。公人として他者をあざむくような経営者は、私人としてみずからをあざむく結果を招くことになるだろう

社会に対して自分のミスを潔く認められる経営者は、他の重盗な事柄についてもみずからをあざむく可能性が高く、株主に対して正直な対応を行う可能性は限りなく低い。
この傾向が顕著に見られるのは、企業会計の分野だ。一部の数字について虚偽記載を許容していると、最後には、全ての数字について虚偽記載を許容するようになるわけだ。ウォーレンが指摘するとおり「"数字を出す*ことを常に約束する経営者は、いずれかの時点で*数字をごまかす*誘惑に駆られる」。
もちろん、数字をごまかした経営者はブタ箱行きになるが、悲しいかな、たいていの場合、粉飾決算が明るみに出るころまでには、株主が投じた資金はすっかり底をつき、従業員が積み立てた年金も消えて無くなっている。

ウォーレンバフェットの教訓 The TAO of Warren Buffett より