永遠に続かないものには、必ず終わりが訪れる

現時点で好調なビジネスの大多数は、いずれどこかの時点で不調に陥る。物事は変わる、遅かれ早かれ。

アメリカでは、かつて馬車用のムチの製造が優良産業としてもてはやされた。ビデオデッキの製造も一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった。タイプライターの販売・修理も、複雑な商業システムに深く食い込んでいた。

しかし、これらの産業は現在、過去の遺物のようになっており、経済面での将来性はない。物事には必ず終わりが訪れる。だからこそ、目の前の状況だけではなく、道の先の状況にも注意を払わなければならないのだ。

ウォーレンバフェットの教訓 The TAO of Warren Buffett より

永遠に続かないものには必ず終わりが訪れる