ウォーレンバフェットの教訓 永遠に続かないものには、必ず終わりが訪れる

永遠に続かないものには、必ず終わりが訪れる

現時点で好調なビジネスの大多数は、いずれどこかの時点で不調に陥る。物事は変わる、遅かれ早かれ。

アメリカでは、かつて馬車用のムチの製造が優良産業としてもてはやされた。ビデオデッキの製造も一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった。タイプライターの販売・修理も、複雑な商業システムに深く食い込んでいた。

しかし、これらの産業は現在、過去の遺物のようになっており、経済面での将来性はない。物事には必ず終わりが訪れる。だからこそ、目の前の状況だけではなく、道の先の状況にも注意を払わなければならないのだ。

ウォーレンバフェットの教訓 より


https://www.facebook.com/notes/%E9%96%A2-%E9%9A%86%E4%BF%A1/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%95%99%E8%A8%93-%E6%B0%B8%E9%81%A0%E3%81%AB%E7%B6%9A%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%81%AF%E5%BF%85%E3%81%9A%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%8C%E8%A8%AA%E3%82%8C%E3%82%8B/497727483639766/

ウォーレンバフェットの教訓 薄弱な経営陣が薄弱な業績に対応すると、根拠薄弱な会計が行われやすい

薄弱な経営陣が薄弱な業績に対応すると、根拠薄弱な会計が行われやすい

経済性に劣るビジネスがひどい業績をあけているとき、誠実さに欠ける経営陣は、根拠薄弱な会計を通してしまうことがある。実在しない収益が生み出されているように見せかけるのだ。

この偽装は簡単に、とても簡単に実行できる。かかった経費を相手先企業への投資として帳簿に記載し、”投資金”の一部を手数料の名目で相手先からバックさせ、それを収入として記帳するだけでよい。ペン先を2,3度走らせれば、あっという間に経費が減って収入が増えるわけだ。

会社が増益を達成したなら、株主とウォール街は経営者を称賛するだろう。そして、会社の株価は上昇し、経営者は目玉が飛び出るようなおいしいボーナスと、大統領昼食会への招待状を受け取ることになるだろう。このあとの展開はエンロンの例を見てもらえば・・・。

 ウォーレンバフェットの教訓

兵の起こる所の者五有り

呉氏が言った。凡そ戦争のおこる状況には五つのものがある。続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ