十有五にして学に志す  論語  孔子

子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず、と。

孔子が言われる、私は十五歳ごろから先王の教え、礼楽の学問をしようと決心した。三十歳にしてその礼楽の学問について独自の見識が確立した。四十歳ごろで物事の道理に明らかになって、惑うことがなくなった。五十歳になって、天が自分に命じ与えたものが何であるかを覚り、また、世の中には天運の在するということを知ることができた。六十歳ころは、何を聞いても皆すらすらと分かるようになったし、世間の毀誉褒貶にも心が動かなくなった。七十歳になっては、心の欲するままに行うことが、いつでも道徳の基準に合って、道理に違うことがなくなって、真の自由をたのしめるようになったようだ。

この章は孔子が七十歳を過ぎて、自分の思想や人間性の発達の過程を振り返り、弟子に語ったものであろう。孔子は後世では聖人と言われているが、その一生は努力の積み重ねであったのであろう。それにしても自分のしたいことをそのまま行っても道徳の基準に違うことがないとは、頭が下がる。この章から年齢を言う語が作られ、十五歳を志学、三十歳を而立、四十歳を不惑、五十歳を知命、六十歳を耳順、七十歳を従心という。

明治書院 論語 より

At 15, I decided to become a learned person.

At 30, I managed to stand on my own.

At 40, I decided how I should live.

At 50, I knew what I was supposed to.

At 60, I realized I could learn from anyone.

At 70, I came to a point where I could not be derailed, no matter what I did.


十有五にして学に志す  論語  孔子

 

ピーター・ドラッカー


下問を恥じず 論語 孔子

外国為替って何ですか

外国為替って何ですか
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ