切磋琢磨 論語 孔子

子貢曰く、貧しくして諂う事無く、富みて奢ること無きは如何、と。子曰く、可なり。未だ貧しくして道を楽しみ、富みて礼を好む者には若かざるなり、と。子貢曰く、詩に云う、切するが如く、磋するが如く、琢するが如く、摩するが如しとは、其れ斯を之れ謂うか、と。子曰く、賜や始めて与に詩を言うべきのみ。諸に往を告げて来を知る者なり、と。

子貢が孔子に向かって「貧しくとも、そのために人にへつらってあわれみを乞うような卑屈さもなく、富んでも、おごりたかぶる傲慢さがなかったら、こういう人物はいかがなものでしょうか」と尋ねた。孔子が答えて、「それはまずまず結構だ。しかしまだ、貧乏だけれどもとか、金持ちになったらなどと、こだわっている意味がある。貧乏を忘れて正しい道を楽しめる人、金持ちになっても礼儀を愛し好む人には及ばないよ」と言われた。子貢が感嘆して、「詩経の中に、切磋琢磨といって、みがきの上にもみがきをかけようという句がありますが、今の先生のお言葉の意味と同じでありましょうか」と問うた。孔子は、子貢の打てば響くようにひらめきのあるのを喜んで「賜よ、おまえこそほんとうに詩のわかる者だ。過去のことを話すと、すぐ未来のことを推し量る、聞いたことから、直ちに新しいことを知り得るものだなあ」と褒められた。

「切磋琢磨」の語は「詩経」衛風、淇澳から出た言葉で、「象牙の玉の細工をするには、まず刀で切り、槌で打って角を取り、次に砥石ややすりで磨き上げる」ことで、自己の向上のために努力に努力を重ねることを言う。子貢は孔子の高弟の一人で、姓は端木、名は賜、弁舌に優れ、聡明であった。ここでも孔子の「道を楽しみ、礼を好む」の意味をすぐ理解して「詩経」の言葉で答えたのはさすがで、その利発さがうかがわれる。

明治書院 論語 より

切磋琢磨 論語 孔子

君子は食飽くを求むる無く 論語 孔子

子曰く、君子は食飽くことを求むる無く、居安きことを求むる無く、事に敏にして言に慎み、有道に就きて正す。学を好むと謂うべきのみ、と。

孔子が言われる、学問修養に志す人は、腹いっぱい食べて、安楽な住居を得ようなどと思ってはならぬ。自分の為さねばならに事は、速やかに実行し、言葉を慎んで軽はずみを言わない。さらに徳の修まった人に近づき親しんで、己の過ちを正していけるような人であったら、こんな人こそ真に学問好きだと言うことが出来よう。


Nobleman never seek only eat

Kontsu said the man who were willing to aspire learning never seek eating too much and getting a confortable house. Qucik execute which one must to do , keep silence chosing the word never talk easy. Futhere more close to the humanity man and adjust one's mistakes or shortpoint , he is true willing learner  in fact.

 ・

衣食住の安定は人の誰でも願うことである。だが現在のわが国は、お金や地位の為にはなりふり構わずといった風潮があり、学校教育も詰め込み主義の偏差値万能で、いろいろの問題が起きている。孔子も「富と貴きとは、是れ人の欲する所」と言い、立身出世することを認めてはいるが、衣食住の豪華さだけを願うような者は君子とは言えず、人間としての正しさを忘れてはならないと言う。孔子の言う学問好きとは、人間としての向上に努める事であった。

明治書院 論語より

君子は食飽くを求むる無く 論語 孔子

三軍も帥を奪うべきなり 論語 孔子

子曰く、三軍も帥を奪うべきなり。匹夫も志を奪うべからざるなり、と。

孔子が言われる、三軍と言うほどの大軍で守っていても、その総大将を奪おうと思えば奪うことができる。大将と言えども人によって守られているからである。たとえ一人の男でも、その人がこうと決めた志は、それを変えさせたり、奪い取ることはできるものではない。

古 代中国で言う一軍とは一万二千五百人編成の軍隊で、天子は六軍、諸侯は三軍と言われているが、ここでの「三軍」とは必ずしも諸侯の軍隊とは限らず、大軍の こと。「帥」は三軍の中軍の大将で総大将のこと。「匹」の古い形は○○で布二巻のことで、一対をなす夫婦の意だが、「匹夫」といえば、ペアーを為す夫婦の 一方夫を意味する。ここでは一人の男の意味に用いている。この章は、どんな大軍の大将でも、やり方次第によっては奪い取ることはできるが、たとえ力のない 一人の男でも、固くこうと決めた志は奪い取ることはできないと述べたもので、人は志を確立すべきことを説いた章である。

明治書院 論語

.

Nevertheless a general who guarded with 30 thousand of troops , it is possible to capture him. Because even if a general , he merely guarded by some human .

But even if one husband , it is impossible to change or disappoint his willingness which he certainly decided to do by himself.


三軍も帥を奪うべきなり 論語 孔子

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ