十有五にして学に志す  論語  孔子

子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず、と。

孔子が言われる、私は十五歳ごろから先王の教え、礼楽の学問をしようと決心した。三十歳にしてその礼楽の学問について独自の見識が確立した。四十歳ごろで物事の道理に明らかになって、惑うことがなくなった。五十歳になって、天が自分に命じ与えたものが何であるかを覚り、また、世の中には天運の在するということを知ることができた。六十歳ころは、何を聞いても皆すらすらと分かるようになったし、世間の毀誉褒貶にも心が動かなくなった。七十歳になっては、心の欲するままに行うことが、いつでも道徳の基準に合って、道理に違うことがなくなって、真の自由をたのしめるようになったようだ。

この章は孔子が七十歳を過ぎて、自分の思想や人間性の発達の過程を振り返り、弟子に語ったものであろう。孔子は後世では聖人と言われているが、その一生は努力の積み重ねであったのであろう。それにしても自分のしたいことをそのまま行っても道徳の基準に違うことがないとは、頭が下がる。この章から年齢を言う語が作られ、十五歳を志学、三十歳を而立、四十歳を不惑、五十歳を知命、六十歳を耳順、七十歳を従心という。

明治書院 論語 より

十有五にして学に志す  論語  孔子

思い邪無し 論語 孔子

 子曰く、詩三百、一言以て之を蔽う。曰く、思い邪無し、と。

孔子が言われる、「詩経」三百編の詩は種々様々であるが、もし一言で全部を蔽い尽せと言うならば、「思うところに邪念がない」と言うことに尽きる。(すなわち、どの詩も作者に邪念がなく、真情の発露である。)

「詩経」は、現在伝わっている中国最古の詩集で、三百五編の詩が収められており、内容は諸国の民謡(風)、官廷音楽(雅)、祭祁の歌〈頌しょう)の三部から成っている。その詩、特に風は自然を歌い、恋愛の情を叙べ、人生の苦悩を歌うなど、偽らない民の声であった。「史記」によれば、孔子は「詩経」の編集に携わったとされるが、その点はともかくとして、詩は孔子学団の主な学習対象であり、孔子の息子の鯉も「詩を学ばなければ人と話ができないよ」と父の孔子から教えられて詩を学んだと言われている。孔子の時代から今日に伝わる書物は、この「詩経」と「書経」(堯・舜以来の政治記録)の2つで、孔子学団の重要な教科書であった。

明治書院 論語 より

書経のような政治記録や公文書を学ぶことはないが音楽は少し興味を持つようになった。今の政治家や役人がどれだけ現代版の書経を学んでいるのかは疑問だが一人だけ過去の政治記録を学んでいる役人を見たことはある。キャリア官僚ではなくてノンキャリ組の方だったが肩書きと学びの意欲・真摯さは日本では別のようだ。 



詩に興り、礼に立ち、楽に成る ということで音楽に少し興味を持つようになった、といってもほとんど自分には縁のない、民謡でもなく官廷音楽でもなくお祭りの歌でもないのだが・・・。恋愛や人生の苦悩は歌われてるな。

思い邪無し 論語 孔子

政を為すに徳を以てす 論語 孔子

子曰く、政を為すに徳を以てするは、譬えば北辰の其の所に居て、衆星の之に共するが如し、と。

孔子が言われる、政治をするのに道徳をもってすると、天下の人心がその為政者に帰服することは、例えてみると、北極星が一定の場所にいるのに、多くの星が北極星を中心として、それを仰ぎ抱くようにしているようなものだ。

孔子の生きていた春秋時代は、周王朝の権威が衰え、諸侯は富国強兵策に夢中であり、魯の国でも三桓と言われる三人の貴族が政治の実権を握り、主君を無視する下剋上の時代であった。一方、重税や打ち続く戦争などの為に民衆は苦しい生活にあえいでいた。孔子はこのような社会を憂え、何とか君主の道徳性により人民が君主を心から信頼する政治、徳治政治の実現を願っていた。この章は北極星を中心に天体が美しく運行していることを例にとって、自分の願いを述べたものであり、「徳治政治」の宣言ともいえる章である。

明治書院 論語 より

政を為すに徳を以てす 論語 孔子

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ