子張禄を干ることを学ぶ。子曰く、多く聞きて疑わしきを闕き、慎みて其の余を言えば、則ち尤寡し。多く見て殆きを闕き、慎みて其の余を行えば、則ち悔寡し。言に尤寡く、行いに悔寡ければ、禄其の中に在り、と。

子張が禄位を求めるにはどうしたらよいかと問うた。孔子は次のように答えられた、我々はたくさんのことを聞き、多くのものを見なければならぬ。かく見聞を広めたうえで、その中の疑わしくて自信のない事や、危険なことを取り除いて、その残りの確かなことだけを慎重に言ったり行ったりすれば、人からとがめ立てされることも少なくなろう。このように、その言動にとがめも後悔も少なくなるようにすれば、禄位はそのこと自体に存するもので、求めなくても自然に仕官俸禄の道が開けるものだ。

孔門の弟子たちの多くは当時の新興士階級の若者がほとんどであり、皆が仕官の道を求めて入門してきており,

孔子も弟子たちを官吏にして政治のあり方を正そうとしていた。だが孔子は、ただなりふり構わず仕官を求めても、それは無理なことで、学問によって自己の修養を深め、言行に後悔するようなことがなくなれば、就職への道は自然と開けてくると言う。衛霊公編にも「子曰く、君子は道を謀りて食を謀らず。耕すや、餓え其の中に在り。学ぶや、禄其の中に在り。君子は道を憂えて貧しきを憂えず」の一章がある。

明治書院 論語より

Before to create , listen and read to broaden your knowledge.

From In English Kontu.


子張禄を干ることを学ぶ 論語 孔子

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

子曰く、由、汝に之を知るを訓えんか。之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らずと為す。是知るなり、と。

孔子が子路に向かって言われた、由よ、おまえに物事を知るということを教えようか。自分の知っていることは知っているとし、知らないことは、まだ知らないと、心にはっきりさせる。これがほんとうに知るということだ。

由とは子路の名、姓は仲、字は子路または季路。孔子の高弟で武勇に優れ、情熱の人であったが、物事を速断する面もあった。今日でもよく分かっていないことを知ったかぶりをする人は多いが、子路にもそんなところがあったのかもしれない。「論語」では、「おしえる」意の言葉に教と訓が使われている。教は厳しく教えるの意味で、為政者が民衆などに公的な場で教える場合に用いられており、訓は一対一的でねんごろに教え諭す場合に用いられていることが多い。

明治書院 論語 より

Be honest about what you know and what you don't know.

From In English Kontu.

This is the truth to know.

之を知るを之を知ると為す 論語 孔子

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 子曰く、学びて思わざれば則ちくらし、思いて学ばざれば則ち殆し、と。

孔子が言われる、博く学ぶだけで、自分の心で思い巡らしてよく考え、よくその理を追求してみないと、学んだことがぼんやりしていて、その道理をつかむことはできない。これに反して、自分の乏しい知識で思い巡らすだけで博く他人の言や古人の教えを学ぶことをしないと、考え方が狭く、独断に陥って、危険この上ないものだ。

この章は、学問には、他に学ぶこと(聞く・読む・見る)と思うこと(学んだことを思索すること)の両方が必要であることを言う。古来から学問についての名言として著名な章である。「くらし」とは盲と同じで、思索の伴わない学習は物事の本質を明らかにできぬことを言う。また、「殆」は危と同じで、一人で考えているだけでは独断に陥り客観性を持ち得なくて危険この上もないことを言う。衛霊公編では孔子は「吾嘗て終日食らわず、終日寝ねず、以て思う。益なし。学ぶに如かざるなり(私は以前一日中食事もせず、一晩中眠りもせず思索したが、何の得ることもなかった。やはり、先人の残したことを学び、それを手本とすることにこしたことは無いことが分かった。)」と学問について述懐している。

明治書院 孔子 より

Even with vast knowledge, you will never be effective until you learn to think for yourself.
Learn from older, superioro people rather than spending so much time lost in thought.

From In English Kontu.

学びて思わざれば則ちくらし 論語 孔子

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ