今の孝は是能く養うを謂う 論語 孔子

 子游孝を問う。子曰く、今の孝は、是能く養うことを謂う。犬馬に至るまで、皆能く養うこと有り、敬せずんば、何を以て別たんや、と。

子游が孝について質問した。孔子が言われるには、この頃の孝は、よく親を養えばよいと言うことのようだ。しかし、犬や馬でも、飼う以上は人は犬馬をよく養っているではないか。親を尊敬する心がなかったら、なんで親と犬馬とを区別しようぞ。(親に対しては愛敬の心を持って尊ぶことが大切で、よく養うだけでは親不孝ともなるのだ。)

今日でも、「ぼくは田舎の両親には毎月仕送りしているから」などと言って親孝行を任じている人は多い。このようなことは当然のことで、それだけでは犬や猫を養うのと変わりがないというわけである。親の気持ちを大事にすることを、「志を養う」といい、そのことが親を心から敬愛することになる。子游は孔子より45歳若い弟子で、姓は言、名は偃、孔子の10人の高弟(四科十哲と言い、四科とは徳行・言語・政事・文学を言う)の一人とされるが、ひょっとすると親に対する態度に誠意を欠くことがあったのかもしれない。

明治書院 論語 より

今の孝は是能く養うを謂う 論語 孔子

父母は唯其の疾を之れ憂う 論語 孔子

 孟武伯孝を問う。子曰く、父母は唯其の疾を之れ憂う、と。

孟武伯が孝とはどうすることかと質問した。これに対して孔子は、父母には何にもまして、ただただ子供の病気のみを心配しているのだから、身体を大切にして健康であることが孝行である、と答えられた。

孟武伯は魯の貴族孟孫子の一族で、大夫(大臣に当たる)。孔子が父母はひたすら子供の病気を心配するものだと教えていることから、あるいは病気がちであったのかもしれない。この章は、病気になるのはどうにも仕方がないが、病気以外のことで親に心配をかけないのが孝行だとの解釈もあるが、子供が健康ですくすく成長するのを願うのが親心であり、暴走族などになって大けがをしたり、死んだりするほど親不孝なことはない。

明治書院 論語 より

父母は唯其の疾を之れ憂う 論語 孔子

之を導くに徳を以てす 論語 孔子

子曰く、之れを導くに政を以てし、之を斉(ととの)うるに刑を以てすれば、民免れて恥ずる無し。之れを導くに徳を以てし、之れを斉(ととの)うるに礼を以てすれば、恥ずる有りて且つ格る、と。

孔子が言われる、法律や命令だけの政治で人民を指導し、人民を規制しようとし、之に従わないときは刑罰をもって臨むなら、人民はその刑罰を免れさえすればよいとして、悪いことをしても恥ずかしいと思わなくなる。ところが、道徳をもって民を導き、礼儀を教えて民を統制していくと、人民は悪いことをすると羞恥を感ずるようになって、おのずから善に至るものだ。


北極星を君主に例えた徳治主義の理想を、具体的に政治の根本は道徳と礼にあり、政令や刑罰にはないことを明らかにしたもの。ここの「政」は法律や命令のことで、政と刑による政治とは力による政治のことをいう。これに対して徳治政治とは君主の道徳的な人間性と礼によるものである。法も礼も社会秩序の維持という点では同じだが、法が権力を背景とするのに対し、礼は自発的な約束から出発し、約束を破ることを恥じる心を基本としている。



恥を知る国民性になれば国をよく守ることができる。悪事が起こる前に市民は通報し事が起こるのを防ぐことができるようになるのである。

明治書院 論語 より

之を導くに徳を以てす 論語 孔子

If governer try to lead and control people only by the law or order with some punishment , they will become to think only escaping the punishment and loosing shame mind.  But leading people by virtue and humanity , teaching people manners to govern them. They will become be shame when they do the bad thing and go the right by themselves.

If every people knows the shame and charity mind they can well save the nation's peace. Before the bad news happens they inform the bad planning to the police station , therefore they can guard the town's peace.


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ