子張問う、十世知るべきや、と。子曰く、殷は夏の礼に因る。損益する所知るべきなり。周は殷の礼に因る。損益する所知るべきなり。其れ或は周に継がん者は、百世と雖も知るべきなり、と。

子張が、「今から十回も王朝がかわる遠い先までの礼はどのようにかわり、どのようになるか知ることが出来ましょうか」と質問した。孔子は次のように答えられた、「過去の歴史を観ると、殷は前代の夏の礼制を基礎としてそれに基づきながら変わり、周はその前代の殷の礼制を基としてそれによりながら進んでおり、その間には幾分は減らしたり増やしたりして増減はあっても、礼制の大網は変わらない。このように考えると、今後、周についで起こってくる新しい世代があるとしても、百代の先までもその礼制のあり方は大体は予知できるものだ」と。

十世とは十回王朝が交代した遠い将来のことで、一つの王朝が亡び他の王朝が起こるのを一世というが、親子の世代交代する三十年を一世ということもある。孔子は夏・殷・周の三代の社会を考えると、礼すなわち文物制度の在り方は徐々に変化していても、その根本である人間の倫理、君臣、父子、夫婦の道(三綱)のあり方や、仁・義・礼・智・信(五常)などの道徳性は一貫して変わらないから、過去をよく研究すれば現在を知ることができ、現在を深く学ぶことで将来を予知することが可能であると言う。社会進化論とも見られる孔子の歴史観をうかがうことができる一章である。

明治書院 論語 より


子張問う、十世知るべきや 論語 孔子

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 子曰く、人にして信無くんば、その可なるを知らざるなり。大車に輗無く、小車に軏無くんば、其れ何を以てか之を行らんや、と。

孔子が言われる、人にまことがなかったら、その人たるのよさはなくて、なんともならぬものだ。もし牛車に輗が無く、馬車に軏がなかったら、どうして車を進められることができようか。ちょうどそのように、人に信がなかったら、世人との結びつきがなくて、なんともならぬものだ。

信とは人と言とからなる会意文字で、人との約束をたがえない、人を欺かないことで、社会道徳の根本となるモラルである。そしてその信は義(正義)によって裏付けられてこそ実行に値するものとなり、学而編にも「信義に近ければ、言復むべきなり(言ったことを必ず違えないようにする信であっても、それが道理にかなっている場合に、はじめて言ったとおりに実践して良いのである)」と言う。「輗」「軏」はともに車に牛や馬をつなぐための道具で、これがなければ牛馬をつなげず車が動かないように、信義・信頼がなくては人間の社会は成り立たないことを言うのである。陽貨編にも、「上に立つものが信義を守ってこそ人が信頼する〈信なければ則ち人任ず)」とある。

明治書院 論語 より

人にして信無くんば 論語 孔子

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 哀公問いて曰く、何を為さば則ち民服せん、と。孔子対えて曰く、直きを挙げて諸を枉れるに錯けば、則ち民服せん。枉れるを挙げて諸を直きに錯けば、則ち民服せず、と。

魯の哀公が「どうしたら人民が服従するだろうか」と質問した。孔子は「正しい人を採用して不正な人の上役に立てれば、人民は服従します。反対に、不正な人を挙げ用いて、正しい人の上に置くようなことをすれば、人民は服従しません。」と答えられた。

哀公は魯の君で、名は蔣。哀は諡(死後にその人の生前の功績によってつける名)。孔子が六十九歳で十四年間の遊説から帰国したのは哀公十一年であるから、この章は孔子晩年のものである。孔子は帰国後は仕官しなかったが、国老として待遇されており、いろいろな相談には応じていたようで、この章もそんな時のことであったのであろう。四書の一つ「中庸」にも哀公の問いに対し、孔子は「政を為すは人に在り、人を取るは身を以てす(政治の根本は人材の登用にあるが、そのためには自分の身を正さなければ賢人は集まってこない」と答えている。

明治書院 論語 より

Acient chinese emperor Aiko asked. "How do people obey ?" Kontu said . "Promote justified person as  the administrator of injustfied people, then people obey. But if you take reverse way, promote injustified person as the administrator of justified people, then people don't obey."
 
何を為さば則ち民服せん 論語 孔子

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ